• 社長インタビュー

「生きづらい」がなくなる世の中へ

合同会社cocozo

北向康大(Koudai Kitamuki)

代表取締役北向さんのご紹介

もともとは、柔道整復師の資格を取得後、整骨院の先生として独立・開業をしたcocozo代表取締役社長の北向さん。
順調に、地域に根差した整骨院として個人で実績を積んでいったものの、より多くの人の役に立ち、社会貢献をしたいという思いがあったそうです。
その後、整骨院に行くこと自体が難しいという患者さんに向けリハビリや鍼灸マッサージ治療を行う、訪問のあいのて治療院を展開。
そして、誰もが楽しく、その人にしかない個性を活かせる社会作りを目指して、障がいを持ったお子さんと親御さんのケアとサポートの必要性を感じ、児童福祉でも強い信念と熱意を持って活動をしていらっしゃいます。
そんな北向さんに、お話をお伺いました。

困っている人の「ここぞ」という時に

当社のメイン事業は、整骨院と、障がいをお持ちのお子さんを預かる「放課後デイサービス」。
全く違うものですが、どの事業にも共通して言えるのは、理念にもあるように、「困っている方の一助となる企業」であり続けたい、そういう思いからです。
整骨院は、体の不調に悩まされている方を一人でも救いたいから。
児童福祉は、子どもにも親にも自分らしく、やりたいことをいっぱい叶えてほしいということと、その障がいを手助けし、むしろ活かしたいと思ったから。
一人で抱え込んだり、悩んだりしている人の、「ここぞ」という時に頼れる場所としてのシンボル…つまり、「困ったら、COCOZO」と皆さんの考えがすぐ行くような対象となりたいんです。
そのためには、知ってもらう必要があります。なので、Youtubeも、noteも、使えるものは全部使って、当社のサービスが必要な人にも、社会全体にも、当社が持っている思いを届けたいと思っています。

cocozoの原動力

「そんなに熱意があるなら、何か過去にそういった福祉や医療にお世話になったことがあるんですか」と聞かれることがあるんですが、実は私自身は、そうではないです。何か不自由があったというわけではないんです。
でも、誰かのサポートするための努力や、誰かの笑顔を見るために、一生懸命やったりということの大事さを、親や、祖母から、子どもの頃、言葉ではない自然な形で教えられてきました。
すべての人に可能性があり、明るい未来がある。
それを阻害する要因があるなら、私達がそれを取り除くお手伝いを全力でさせて頂きたい。
助けを求める人がいると、使命感が芽生え、体が動いてしまうんです。
正直、利益率だけ見るなら、整骨院を一人でやっていた時のほうが良かったと思います。ですが、出来ることも限られてきます。
私は、自分がすべきことと向き合った結果、今こうして自分が出来ることを通じて、そして私に共感してくれる仲間と共に、困っている人を一人でも多く救いたいということを原動力にしています。

社員はCOCOZOの最大の資産

私自身も会社も成長し続けているのは、働いてくださる社員たちの存在があったからです。
だからこそ、社員たちが持っている才能を信じ、育成し、最大限に伸ばし続けます。
仕事が毎日楽しい現場であってほしいし、そのためには、お互いの思いやり、尊敬し合う心が重要だと思っています。
なので、これから当社の面接を受けたい方も、どうか萎縮せずに、気軽に、各々が持っている個人の力、志、すべてを伝えてほしいと思っています。

児童福祉におけるcocozoが目指す社会

今、事業を拡大している障がい児童施設について、これからの展望をお伺いしました。


私自身も、二児の父です。
障がいを持つ子どもも、親も、自分らしく生きるための選択肢が増える社会作りに貢献していきたいです。
どういうことか、お子さんと、親御さんの二つの観点で、それぞれ説明します。

・障がいを持つお子さんが自分らしく生きる社会
障がいを持つお子さんも大人になったら、就労支援なども利用しながら、働きます。しかし今の日本の社会では、賃金が低く、雇用先も少ないのが現状です。私は、それを打開したい。
障がいをハンデとして捉えるのではなく、むしろ個性として伸ばす方法を、その子独自に考える必要があると思っています。
それならば、幼少期からその子の個性を分かっている当社が、その子が自立するための、雇用先となってはどうかと。
数年で実現させたい具体的な夢もあります。それは「子供が稼いだお金で親にプレゼントを贈る」ということ。最初は、少額でも良いんです。プレゼントも、高価なものでなくていい。
障がい者年金は現状、5万円程度ですが、プラス10万円くらいの所得(月15万円程度)があれば、社会人として県内なら十分生活が出来ます。そのためにどうすればよいかを考え行動しているのが当社障がい福祉サービスの特徴でもあります。
例えば絵が好きな子が絵をかいて売ってみる、手先の器用な子がアップサイクル品を作って売ってみる、などの活動を当社が全面的に支援し、自分の生み出したものや力で、利益として親にプレゼントする。
それ自体が、その子にとっての、大きな社会参加であり、大きな自立です。
子どもが、自分の力で一番身近な人の役に立てた、喜んでもらえる体験をしたときに、本人と親に何らかの良い心理的変化があると考えています。
子どもの持つ味を生かした評価軸を持つことで、小さいころからその個性を生かし、その子にしかできない仕事の種まきをして、賃金の向上に間接的にも直接的にも繋がるようにしていきたいです。
子どもの頃から、そのお子さんが社会に出たあとの一生も、一貫性を持ってサポートすることによって、今の個性の芽を見逃さず、親御さんと一緒に育てていくことを、目指しています。

・障がいを持つお子さんの親も、自分らしく生きる社会
そして二つ目は、親御さん。障がいを持つお子さんの親は、想像を絶する大変さを一人で抱えていることが多いです。
周りに頼れなかったり、障がいに関する理解が浸透しにくい環境で、強い責任感を持ちながら長いこと頑張っている方が実に多いです。息抜きの方法が分からない、周りも教えてくれないという親御さんも、自分らしく、したいことをしてほしいと思っています。
短期的な視点では、もっと気軽に当社にお子さんを預けてほしいし、相談しやすくしたいです。長期的な視点で言うと、お子さんの真の意味での自立をサポートすることで、もう「自分が死んだらどうなるんだろう」という不安をなくしたいですね。そして親も自分らしく、子どもと共に充実した人生を歩んで行って欲しいと思っています。

そういう生き方を望まない人もいるので、決して押し付けることは出来ませんが、選択肢の一つとして、当社があってもいいんじゃないかなと思ってるんです。

児童福祉施設は、出来てからまだ3年ですが、そのモデルケースを今からどんどん作っていこうと思ってます。
私一人ではできないけど、一緒に前に進んでくれる仲間と共に、これからも最前線で積極的に活動していきます。


北向さんのお人なり

北向さんのお人なりやお考えは、下記のYouTube、noteでも分かります。
起業当初から、整骨院の利用者さん、障がいをお持ちのお子さん、その保護者の方へ、
何か力になれることは無いかと、真正面から向き合っているお姿が見えます。
ここでは、たくさんある北向さんの発信コンテンツの中から、編集者が求職者の皆さんへ読んでほしい・見てほしいものをご紹介します。
(ここでは全て書ききれないほど、たくさんのことを企画・実行していらっしゃいますので、気になる方はお話してみてください)

【Youtube】
むっきーkitamuki kodai
「【整骨院を始めたきっかけ】気になる話シリーズ①」→北向さんの高校時代から整骨院を始めるに至るまでのお話。屈託なく、率直にお話してくださっています。

「【映画えんとつ町のプペル上映会】総集編」→障がいのあるお子さんにも、ご家族も、周りを気にすることなく、映画を見てほしいという気持ちから始動した企画。クラウドファンディングをして、チャリティー上映会講演までの経緯の動画です。
実は編集担当者が一番好きな動画は、この総集編ではなく、
「【皆さんにお願い】参加者が足りません!」」の方です。
嘘偽りない気持ちでまっすぐな気持ちで突き進む北向さんの姿が分かりやすい動画です。

【note】
ムッキーの哲学→マザーテレサの言葉を引用している北向さんのnoteの1ページなのですが、編集担当者はこの「見返りを求めない愛」の考え方に共感してくれる方なら、COCOZOさんが合うと思い、紹介させてもらいました。
一緒に働く仲間、患者さん、お子さん、保護者の方、地域、関わる人のことを考えられる思いやりについての北向さんの思考が垣間見える記事です。

医療・福祉業合同会社cocozo

合同会社cocozoは、代表が2016年、きたむき整骨院を院長として開業したのが発足。 以降、整骨院を二つ、訪問治療事業所を一つ、障がいをお持ちのお子さんの施設「放課後デイサービス」を二つ展開し、 2019年に合同会社cocozoとして創業に至りました。 悩んだり困っている人の“ここぞ”という時、助けを求めるその時に、 しっかり差し出された手を掴んで支援を行える企業であるために。 困っている方の一助となる企業として、信念を持って成長し続けています。