4号機

医療・福祉業

合同会社cocozo

https://www.cocozo-official.com/

  • 八戸市
  • 11〜 50人

福祉と医療。「ここぞ」という時に頼れる場所として。

合同会社cocozoは、代表が2016年、きたむき整骨院を院長として開業したのが発足。
以降、整骨院を二つ、訪問治療事業所を一つ、障がいをお持ちのお子さんの施設「放課後デイサービス」を二つ展開し、
2019年に合同会社cocozoとして創業に至りました。

悩んだり困っている人の“ここぞ”という時、助けを求めるその時に、
しっかり差し出された手を掴んで支援を行える企業であるために。
困っている方の一助となる企業として、信念を持って成長し続けています。


合同会社cocozoのインタビュー

社員インタビュー

事務職から、もう戻らないと思っていた保育士へ

保育士岩本さんのご紹介

入社前、保育士資格を持ちながらも、事務職に就いていた岩本さん。
不思議な巡り合わせですが、その頃北向社長の整骨院に患者さんとして通っていらっしゃったそうです。
その時に、北向社長が、この放課後デイサービス立ち上げにあたり、「どなたか保育士さんのお知り合いいませんか?」と当時患者さんであった岩本さんにお聞きになり、「私じゃダメですか?」とアピールしたのが入社のきっかけだそう!
素敵ですね!そんな保育士の岩本さんには、入社当初の不安だったこと、仕事の大変さや、面白さなどなど、お伺いしました。


保育士岩本さんの仕事内容について

放課後デイサービスにおける保育士の仕事内容は、基本的に保育施設と同様、遊びや学び、日常生活、食事の各種サポート、季節ごとの壁画、療育に必要な教材の制作などがあります。
施設内外でのイベントや行事を行うときには、企画、準備、当日の実行なども、率先して行います。
保育施設との違いがあるとすれば、障がいをお持ちのお子さんの発達の特性を、より一層理解する必要がある点です。そのため、岩本さんも、一人一人のサポートについて周囲の専門家と相談・確認を事前に行いながら、仕事に当たっていらっしゃいます。

合同会社cocozo

岩本知礼(Chihiro Iwamoto)

  • 仕事

全てのインタビューを見る(全3件)


合同会社cocozoの仕事について

整骨院×児童福祉×あなた=広がる未来

代表の北向が整骨院を設立したのが最初でしたが、今では一緒に前に進んでくれる社員、仲間が居てくれるお陰で、現在は他にも、訪問治療院、障害福祉にも、事業を展開しております。
あらゆる場面で困っている人の一助となるという理念に向かって、日々一歩一歩、着実に前進して参りました。
私達は、国家資格保有者による、専門的なサービスを行っています。
整骨院では、「体が痛い」「動かない」という患者さんの生活から、根本的にその悩みを取り除く。
訪問治療院では、「マッサージや治療を受けたいけど、外に出歩けない…」という方に、適切な治療を施す。
障がい児童福祉では、特性や個性を理解した療育を行い、保護者の方も一人で悩まないよう支援を行う。
決して、最初から、ここまで出来たわけではありません。

「あなたがこれが出来るなら、これを始めてみたい」
「私はこれが出来るから、これをやってみない?」
そんな、会話が飛び交う会社です。

VISION

理念のもと、各業界のシンボルとなり、牽引していく企業に

当社は、整骨院、児童福祉がメインの事業ですが、今後「こういうこともやってくれたら助かるのに」という潜在的なニーズを、全てすくっていきます。
例えば、立ち上げを考えているトレーニングジム、エステやリラクゼーションサロンは、整骨院の領域とかなり近いです。
ということは、障がい児童福祉を利用しているお母さんや、地域で子どもを持つ親が、託児所付きなどにして安心して気軽に通える場所を作ったりする、というようなことが可能です。
そういった、自社で展開している事業を二つ以上掛け合わせ、より、患者さんや、お子さん、保護者の方、地域の方へ、相乗効果によって好循環へと還元していきたいと思っています。

障がい児童福祉ではもう一つ大きなビジョンを抱えています。
それは、「本当の意味での自立と社会参加を実現すること」です。
現状は高校卒業とともにミライエも卒業ということになっていますが、ビジネスとして社会課題解決に取り組み、高校卒業後の雇用機会を創れるよう組織として取り組んでいます。

MISSION

困っている方の一助となる企業で有り続ける。

私達は、「絶対今ある事業しかやらない」、と固執していません。
もっとほかにも、皆さんのお役に立てることがあるなら、そのど真ん中で、直球勝負していきたいと思っています。あれこれ、関連性が低い事にも手を出すということではなく、この理念が、当社では一本線になっています。治療も、福祉も、根本的には社員の心は一つです。誰かの助けや、支援さえあれば、「出来ない」が克服される人々を、マッサージ治療・鍼灸と、障がい児童福祉という柱を軸に、可能性があるなら枝葉を広げて、助けられる人を増やしていきます。

VALUE

「核心をついた、根本的な、本質的なサービス」を通して社会価値を生み出す

企業理念である「困っている方の一助となる企業で有り続ける」は、困っている方の生活、心情、取り巻く環境、全てに目を向けることです。
時には、綺麗ごとでは済まされない現実があります。
私達は、そこから決して目を背けることなく、向き合い続けます。
そして、体が不自由な方も、障がいがある方も、高齢者も子どもも、マイノリティーもマジョリティーも。
ごちゃまぜになれる機会を提供することで、社会への理解を促進、誰もが生きやすい未来を創造します。


合同会社cocozoのメンバー

もっと見る


合同会社cocozoの会社情報

合同会社cocozo

事業内容 整骨院、トレーニングジム、福祉事業、ホームページ制作、管理代行、マネジメント
代表者 北向康大(きたむきこうだい)
創立 2019年10月11日
所在地 〒031-0011
八戸市田向5-17-4
TEL 0178-38-9020
MAIL cocozo.official@gmail.com
URL https://www.cocozo-official.com/
ページトップへ戻る