• 社員インタビュー

知人の紹介で入社して11年。定着の良さは居心地の良さ

奈良県出身の村井さんは、2008年に奥様の地元、八戸市へ移住してきました。 当初は、知らない土地で働き口を探すのに苦労したと話す村井さん。そんな時、知人が紹介してくれた会社が佐々木組だったそうです。家庭の事情で八戸を離れる事はできなかったので、転勤がないという事が最大の決め手だったそう。特にこだわりはなく、いくつかの条件さえ満たしていれば充分!まずは腰掛けのつもりで働いてみよう!と、当時は楽観的な村井さんでしたが、気づけば今年で入社11年目を迎えました。

不安はなかった!知人が紹介してくれた会社だから・・・

私は、前職バイク屋の店長をしていたほどのバイク好きで、乗り物に乗るのも機械をイジるのも好きでした。入社したての頃、現場のショベルカーを見て「かっこいい!早くあの重機に乗りたい!」とワクワクしていたのを覚えています。工場勤務の経験はなかったのですが、紹介してくれた知人も一緒に働いているという事もあり、特に不安な気持ちはありませんでした。
入社前の工場のイメージは、1人で黙々と流れ作業をやるのだろうと想像していましたが、実際入社してみたらチーム編成による三交代勤務で、1人で仕事をこなすという事はなかったので寂しくなかったです(笑)仕事内容は、ニッケル製造70%のシェアを誇る大平洋金属(株)からの請負いで、主にニッケル鉱石の搬入運搬です。タイヤショベル等の重機で運んだり、操作室でモニターを見ながらベルトコンベアを操作し、ニッケルの原料である鉱石が正常に流れているか監視・点検・整備をしたりします。ベルトコンベアのモーターからオイルが漏れていないか。変な音はしないか。と目や耳で確認する点検もあり、長年勤めていると、職人レベルの点検ができるようになります。

入社後一番苦労したこと・・・言葉が聞き取れない(笑)

作業自体の苦労もあったのかもしれませんが、今改めて振り返ってみると・・・特に思い浮かばないですね(笑)一番苦労した事と言えば・・・私は関西出身なので八戸の方言を聞き取るのにとても時間がかかりました。特に年配の方とお話しをする時、直接話しているならまだ分かりやすいのですが、電話となると早口で且つ訛りがあるので、理解するのにとても苦労しました。10年以上たった今、7割くらいは聞き取れるようになりましたけどね(笑)そんな私もバリバリの関西弁を話すのですが、ここ八戸では頑張って標準語に近づけて話しているつもりです。(笑)

定着の良さは居心地の良さ

居心地が良いと言える理由はいくつかあるのですが、1つ目はやはり人間関係が良い事です。
社員みな仲が良いので、新入社員を温かく迎え入れる風土が整っています。そのお陰で私も入社後すぐに馴染む事ができました。2つ目は基本的に決まった残業以外、急な残業が無いので、プライベートの予定が立てやすい事です。機械の故障などイレギュラーな事態が起こらない限り突発的な残業はほぼ無いので、予定通りに帰宅する事ができます。そして3つ目は安定感です。東証一部上場の大平洋金属さんからお仕事を頂いているという安定感・安心感は、ストレスを感じる事なく業務に集中する事ができます。だからこそ、安全第一を心がけ日々責任を持って仕事ができるのだと思います。
今思えば、全ての条件が程良いバランスで、その条件に納得して働けるから私もあっという間に11年目を迎えているのでしょうね!

3交代制のメリット

私は現場作業員として6年程勤務していたのですが、夜勤の翌日は、昼間がまるっと休みなので平日の日中に用事を足せるのは大変ありがたかったです。現在課長というポジションになってからは、日勤で土日休みなので不便を感じるぐらいでした。現場作業員の働き方は、体質的に合う合わないもあるかとは思いますが、3交代制の良さを見つけられる人が早く慣れていくのでしょうかね?私はあまり気にしない性格でしたので、どうにかなるかな!と思っていたら案外早く慣れましたよ。

若手の育成~何故そうやるのか?理由もきっちり教える~

今後佐々木組として力を入れていきたいのは、若手の人材育成です。現在40代が一番多いのですが今後20、30代を更に採用し、世代交代に対応すべく次世代の育成を積極的に行い、いずれ役職、管理職になってもらいたいです。私が若手の人材育成で気を付けている事は、できるだけ詳しく丁寧に教え、何故そうやるのか?理由・理窟をきっちり教える事です。前職のバイク屋の師匠は、まさに職人気質で「見て覚えろ。自分で考えろ。」というタイプした。佐々木組でも同じように職人気質の育成方法で教えてもらっていたら、早々に辞めていたかもしれません。「見て覚えろ」や「マニュアル通り」の教え方ではなく「何故そうやるのか?何故こうやると効率が良いのか?」をしっかり理解してもらえれば覚えも早いでしょうし、更にその次の世代の育成にも繋がり、良いサイクルが生まれるのではないかと思っています。特別なスキルは求めていません。素直な人!そして機械好き・乗り物好きな人にはこの仕事は向いていると思いますよ。

趣味はマラソン?それともバイクツーリング?

マラソンはもうかれこれ6、7年程走っていますね。走ることが好きか?と問われると微妙なんですけどね(笑)相変わらず辛いし過酷ですが、健康維持や体型維持の為に頑張っていて週に2回程5~10km走り、毎年ウミネコマラソンにも出場しています。フルマラソンも1度完走した経験があるのですが、思った以上に時間がかかり過ぎたのでもう一度挑戦してタイムを縮めてみたいです。でも本当は、マラソンよりバイクが好きです!先月も紅葉シーズンに下北半島に行ってきましたがツーリングは最高ですね!北海道にも3回程行った事があるのですが、本州では味わえない絶景が広がる直線道路など、スケールの大きさに毎回感動します。バイクツーリングは自分へのご褒美ですね!

山に囲まれて育った私は、海に憧れる

八戸市は都会ほど人が多くないですし、スーパーや病院などが近くにあり生活利便性も高く、一言で言うと「住みやすい街」です。海のない奈良県で山に囲まれて育った私は、海を見るといまだに嬉しくなります。職場はまさに超海沿い!仕事帰りに釣りをやる人もいるみたいですよ。そして少し足を延ばせは大自然が満喫できるスポットが沢山あります。北海道もすぐそこですし、八戸に移住してきて良かったと思っています。

製造業(機械・電気・電⼦・素材・化学), 設備・メンテナンス業, 運輸・交通・物流・倉庫業株式会社佐々木組

私たちの生活に無くてはならい様々なニッケル製品(例えば、耐食性に優れるステンレス材や500円/100円などの硬貨、ハイブリッド自動車のニッケル水素電池など)そのニッケル製造シェア70%を誇る大平洋金属株式会社(東証1部上場)において、当社は主に原材料であるニッケル鉱石の搬入運搬業務を行いニッケル製造の生産プロセスに組み込まれております。元々は、大平洋金属従業員用の風呂の釜焚きから創業した当社ですが、どのような業務においても与えられた責任を全する事で、これまで様々な業務を大平洋金属から依頼され強固な信頼関係を築いてきました。創業から50年以上を迎えた現在、ドローンを用いた3次元測定による原料管理にも取り組むなど、最先端の技術を用いた新たなチャレンジも行っております。