• 社員インタビュー

異業種・異職種への転職と挑戦

有限会社ループ

小笠原 智勝(Tomokatsu Ogasawara)

前職とは異業種・異職種であるループに転職し、今では会社になくてはならない存在として活躍する小笠原さん。ループに入社してキャリアを積んできた経緯や、仕事に対する想いについてお話しを聞かせていただきました。

フォークリフトやタイヤショベルを操りたい!

今から十数年前、転職の機会が訪れた私は、「重機の資格を取りたい!資格を取ってフォークリフトやタイヤショベルに乗ってみたい!」という思いから、前職の営業とは全く無縁の異業種・異職種への就職を決めました。もちろん不安はありましたが、重機の資格を取得したい想いの方が強かったです。

最初の配属先は戸崎営業所で、分別作業の仕事をしていました。ゆくゆくはある程度の重機も乗りこなせるようになり、将来的にはこの営業所の焼却炉の施設管理者をやってみたいなぁ。と漠然と自分の将来像を思い描きながら仕事をしていたところ、入社後まもなく「うちの会社は営業の人材がいないので、是非営業をやってほしい」と社長から提案をいただきました。

営業経験はあったので、会社が営業の人材を必要としているのであればお役に立ちたいという思いで、二つ返事で引き受けました。

ゼロからのスタート

ここから私の「二度目の営業人生」がスタートするのですが、物を売る営業経験はあっても、一般廃棄物・産業廃棄物に関する営業経験や知識はなかったので、まさにゼロからのスタートでした。この時一番勉強したかもしれません(笑)。なんせ本社での営業部門は私1人で上司がいるわけではなかったので、分からないことがあると自分で調べたり色々なところから情報収集したりと、仕事が終わってからも夜遅くまで勉強していました。

「ゴミ収集」ひとつにしても法律に照らし合わせて契約を結び、法律に基づいて運用することが求められるので学ぶことも山ほどありました。営業ノウハウ以外の書類の作成などの知識もなかった私にとって一番苦労した時期でしたね。ですが日々前向きに取り組み真面目に努力した結果、知識もどんどん増えてマニュアル化まですることもできました。この時の苦労があったからこそ今の自分があるのだと思っています。

既存のお客様を大切に

「ゴミ収集」とは、必要になったときに初めてお客様から依頼がくるものです。お客様が必要としていないときに営業に行ってもお仕事をいただけるケースはほとんど無いものです・・・。

新規のお客様を開拓するのは難しいなぁと思っていた時、 ”まずは既存のお客様を今まで以上に大切にしよう” と行動した結果、既存のお客様からの依頼が増えるだけでなく新規のお客様もご紹介して頂き、自然とお客様の輪がひろがっていきました。まさに当社の経営方針にもある、『ループの「環」を拡げる』ことを実感しました。

その後さまざまな現場経験を経て、現在は六戸営業所の解体工事部門で工事に関わる書類の作成・提出などの事務業務をメインにやらせてもらっています。営業時代は収集運搬や分別作業の人手が足りないと現場に出て作業を手伝うこともあったのですが、事務業務がメインになった最近はめっきり現場に出ることがなくなったこともあって久しぶりにお客様のところへ顔を出すと、「あれ?少し太ったんじゃない?」と言われます(笑)

部長に言われた衝撃的な一言

ある日、部長に言われた一言のお陰で、私の仕事のスタイルがガラッと変わりました。本社での営業時代、仕事を1人でこなしていた私は、その仕事の仕方が染みついていたので、六戸営業所に来てからも他の社員がいるにも関わらず配車の段取りを1人でやっていました。そんな私に部長は「他の社員や会社の為にならない」と一言。不思議に思った私は「何でですか?私、会社の為に仕事してますよ。」と言ったのですが、部長が私に伝えたかった事は、私が全て1人でやってしまうと、「自ら考え行動できる人材が育たない」という事でした。そこで初めて私は、自分が他の社員が考え行動する機会を奪ってしまっていた事に気がついたんです。初めの頃は誰だって失敗することもあるので、私が自分でやってしまった方が早いと思っていたんですよね。でも誰しも失敗しながら成長していくもの。なので、多少のリスクを取ってでも失敗させて学ばせる事が私の重要な仕事の一つなのだと部長のお陰で気づくことができましたし、私自身も働き方を見直すきっかけになりました。

世の中に必要とされ、お客様に望まれている仕事である誇り

私が解体工事の仕事に携わっているとき、大型台風による影響で建物が半壊してしまったという案件がありました。その建物は通学路に面していてとても危険な状態でした。万が一の事があってはならないと臨機応変に対応しすぐに解体作業に入りました。当社は解体工事ができるだけでなく収集運搬業と処分業の双方を持っているので、スピーディーな対応が可能です。

ループと聞くと、一般的に「ゴミ収集の会社」というイメージが強いかと思いますが、廃棄物を収集するだけではなく、こういった建物解体やリサイクル処理を行うなど幅広く事業を手掛けています。高い条件を求められる米軍基地内のお仕事もやらせてもらえるのもループの組織体制や対応力の高さがあってのことだと思います。

このように他社では対応が難しい仕事でも当社ならではの強みを活かし、これまでも地域を綺麗にしてきました。ループの仕事は”世の中に必要な仕事・お客様に望まれている仕事”だと自負していますので、この仕事に誇りを持ってこれからも皆様のお役に立てるよう励んでいきたいと思います。

最初は目の前の仕事を一生懸命に、最後は全体を見渡せるように

当社は定着率が良いと思います。ループが設立される前からこの事業に携わっている先輩社員も居ますし、私も入社してから12年が経ちました。また新入社員も定着していると感じています。当たり前の事ですが、労働時間もきちんと守られているし福利厚生もしっかりしているので、若い人が入ってきても安心して働ける職場だと思います。

入社後は必要な資格を取得していただき、それを活かして目の前の仕事を一生懸命やってもらいたいですね。そして数年経ったら、会社全体を見渡せる人材に成長してほしいです。目の前にある仕事しか見えていないと、自分が何のためにこの仕事をやっているのか分かりづらいですが、会社全体を見渡せるようになれば「会社はどこへ向かっていこうとしているのか」会社の方向性や目指すべき姿が明確に見えてくるので、自分は何のためにこの仕事をしているか、納得感を持って仕事をする事ができると思います。納得感があると仕事へ対するモチベーションも自然と上がってくるので、楽しくなること間違いなしです。

環境・エネルギー業, 建築・土木業有限会社ループ

ループがある三沢市は、自然豊かでありながら災害が少なく快適で居心地の良い街です。 私たちは、生命をやどした「宝もの」(人、自然、植物、動物、人の手により作られたもの)に感謝の念を持ち、愛する次代を担う子供達や地域(地球)のために、生活と事業活動による環境の「環」(ループ)を改善するため日々努力邁進し、循環型社会形成のために地域と環境の「和」(ループ)を常に創造する企業を目指しています。