• 社員インタビュー

「お客様第一」の心を胸に、地域のインフラを支えるガソリンスタンド。

佐々木さんは田村商事に入社して5年目。フルサービスが自慢のガソリンスタンド「テンダーランドむつ店」で、お客様を第一に考えながら丁寧なサービスを提供しています。 先輩から佐々木さんへ、そして後輩社員へと受け継がれる田村商事のサービス精神や、仕事への姿勢について詳しく伺いました。

憧れの車関係の仕事×身近な存在だった田村商事

車の免許を取得した18歳のときから車関係の仕事がしたいという思いがあり、就職活動では業界を絞って探していました。田村商事はむつ市内で店舗数も多く、物心ついた頃からそういう会社があるというのはなんとなく知っていて、実家の近くにも田村商事が運営するガソリンスタンドがあり身近な存在でした。ちょうど田村商事から求人が出ていたのをハローワークで見つけたこともあって、高校卒業後、田村商事に就職を決め、現在、入社して5年目になります。

フルサービスだからこそ、お客様とのやり取りを大切に

わたしが所属しているENEOSテンダーランドむつSS(サービスステーション)は、田村商事が運営するガソリンスタンド8店舗の中で唯一、完全フルサービスのガソリンスタンドです。ほかの店舗はフルサービスとセルフサービスにレーンを分けていたり、完全にセルフだったりしますが、むつSSだけは来店したお客様に対してフルサービスを提供します。ですのでメインの業務としてはお客様に対する給油サービスです。時期によってはタイヤ交換、洗車、コーティングなども行っています。
タイヤ交換や洗車は、入社前に自分の車に対してやっていたやり方とは全く違い、入社してからやり方を一から覚えました。特にタイヤ交換は、時期になると集中してお客様が来ます。回転率を上げてスピーディーに仕上げなければいけない上に、事故につながらないようにちゃんとした作業を提供しなければならないので、責任感もある仕事です。

ガソリンスタンドは早朝から夜まで、平日・休日問わず営業しているため、シフト制で勤務しています。わたしは閉店までの勤務シフトが多いので、大体昼前に出勤して、閉店の8時半まで勤務することが多いですね。
むつSSは交通量の多い道路に面したガソリンスタンドです。ここ数年はコロナ禍で少ないですが、毎年ゴールデンウィークなど行楽シーズンになると、恐山に訪れる観光客が立ち寄って給油していきます。「ここからどれくらい掛かる?」と聞かれることもよくありましたね。
雪が降っているときはガソリンスタンドの敷地内の除雪も業務をしなければならないので、冬は意外と忙しいですね。年間を通してみると、雪が降る時期と、冬タイヤの交換時期が重なったりする11月~12月が、やることが増えてきます。でも、1日の8割以上は屋外で過ごし、身体を動かすことが多い仕事なので、健康的ではあると思います。

コーティングした車が、コーティングの宣伝に!

むつSSにはスタッフがアルバイトを含めて6名在籍していて、わたしはその中の真ん中あたりのポジションになります。主任だからというわけではないですが、上司、部下どちらにも気を掛けるようにしています。

サービス業務全部に共通して、お客様から「ありがとう」と言われると、やっていてよかったな、とうれしく感じますね。さまざまな業務があるなかで、わたしは特にコーティングが得意なのですが、きれいになっていく車を見て、納車のときにお客様に喜んでもらえるとうれしいです。コーティング技術を競うkeeper技術コンテストの社内選抜に選ばれ、2019年には優秀賞を受賞しました。
意外とあるのが、給油をしに来たお客様が、コーティングしている経過を見て「すごいきれいになっていくね!」と感動してくれることです。そういう反応はうれしく感じますね。コーティングをしたお客様の車を見て、口コミのようにコーティングの良さが伝わり、お客様の知り合いやお友達がコーティングに訪れることもあります。また、1年ごとに毎年来てくれるリピーターのお客様もいらっしゃいます。毎年雪が解けた頃から秋にかけて、コーティングの需要は伸びますね。

先輩社員の背中を見て学んだ「お客様第一」の姿勢

働く上では、「お客様を大事にする、第一優先で考える」ということを意識しています。店舗の中で、部下を育てる立場でもあるので、お客様第一で行動している姿を見せないといけないな、ということを常に考えています。わたし自身、入社した当時そういう先輩社員の後ろ姿を見て教えられた部分もあったので、同じように若手社員に伝わって欲しいなと思いますね。こういう「お客様第一」の姿勢は、そもそも田村商事が会社として大切にしている部分とも重なります。「お客様第一」の積み重ねがあるからこそ、下北地域でほかのガソリンスタンドが次々と閉店していく中、長期にわたって営業できているのだと思います。

田村商事で運営しているガソリンスタンド8店舗の店舗間での異動はあります。むつSSは6名のスタッフのうちの3名が20代で、女性社員も1名います。社員同士の距離が近く、働く環境としては和気あいあいとした雰囲気ですね。お客様の車が1台入ってくれば、スタッフみんなで役割分担し、サービス対応するような感じです。
ガソリンスタンドには危険物取扱者の有資格者が2名居なければならない決まりになっていて、わたしは入社してから危険物取扱者(乙種第4類)の資格を取得しました。会社の方針としては基本的に社員全員が取得を目指しています。

灯油も販売しているので、冬になれば給油のついでに灯油を買って帰る人や、近所の方が空のポリタンクを持ち、歩いて買いにくることもあります。また、米の配達をしているのもむつSSならでは。灯油の配達のついでに、地域に住む方々の困りごとを解消できているサービスのひとつです。
年に一度、田村商事では広い駐車場で感謝祭と銘打ってイベントを開催し、ガソリンスタンドでの取扱商品をお求めやすく提供しています。こういったイベントも、地域の方々への感謝をかたちにしている催しなので、会社として「お客様を大事にする」という想いが一貫しているなと感じますね。

長年地域に根付くむつSSだからこそ。お客様を大事にしたい

むつSSは8店舗の中で最も古く、長年このガソリンスタンドを使ってくださっている常連のお客様が多いです。現在の社長は、もともとはむつSSの所長をしていたので、その時から通ってくださっているお客様もたくさんいらっしゃいます。
地域の方々の生活を支えるインフラとして、これからも長く続くむつSSの伝統をつないでいきたいと思っています。そのために「お客様を大事にする」という意識を持って、引き続き働きたいですね。

小売・販売業, 自動車業, 不動産業, 環境・エネルギー業田村商事株式会社

むつ市内各地にある事業所を中核に、ガソリンスタンドの経営、車検・整備、レンタカー、暖房機器販売など グループ関連企業が県内に5社あり、アパート経営などを展開している企業です。