• 社員インタビュー

「ベテランの技×デジタル」で、ものづくりに挑戦

関東から地元の三沢市にUターンして約4年(2020年2月現在)、幼い子供たちと一緒に安心感のある暮らしを楽しんでいる安部さん。趣味の「筋トレ」はジム通いして本格的にしているそうですが、雰囲気はとても穏やかで優しそうな印象でした。そんな安部さんの仕事に向き合う姿勢や“ものづくり”の世界についてお話をお伺いしました。

Uターンしたのは、安心できる場所で子育てをしたかったから

Uターンしようと思ったきっかけは、家族の存在が大きかったです。生活する環境を考えた時に、経済的にも子育てするにしても、地元の方が安心出来ると思いました。自分が育った場所だから子育をするイメージも出来ましたし、何かあった時には頼りになる人達も沢山いるからやっぱり安心感がありました。
県外でやっていた型枠大工の仕事は、人間関係も良かったし仕事も面白かったので、心残りは正直ありましたが、家族を優先したことは結果として良かったと思います。
六ヶ所エンジニアリングは転職サイトで見つけて応募しました。家族の意向もあり就業時間や福利厚生など働く環境が良かったことが決め手でしたね。でも、それだけではなく幅広い事業を展開している部分に惹かれ、ここで働いてみたいと思ったことが大きかったですね。

厳しさだけではない、職人の世界

入社当初は六ヶ所村にある本社での勤務予定だったのですが、その時はまだ車の免許が無くて、通勤が大変だということもあり、自宅が近い三沢工場に配属していただき現在に至ります。今は2人の子供の子育て真っ只中で、定時で終わって早く自宅に戻れる環境はとても有難いと思います。
現在、担当している溶接の仕事は未経験でしたし、職人気質で厳しいイメージがあったので、正直、続けていけるだろうかと、最初は不安もありました。でも実際は、違っていて話しやすい職場でしたね。作業中は集中力が必要な仕事ですので、話しかけづらいことも勿論あるし、間違った作業の仕方をすると危険なこともあるので、そのあたりの厳しさはやっぱりあると思います。でも、注意されるってことは、それだけ自分のことを気にかけて心配してもらっている証だと思います。

「目の前にある事をやるのみ!」で乗り越えた瞬間

三沢工場では、パイプや手すりを溶接ロボットで仕上げたり、レーザー加工機で様々な部品を色んな材料で作ったり、オーダーメイド製品も製作しています。幅広い加工を手掛けているからこそ、最新の大型加工機械や細かい道具に至るまで、ありとあらゆるものを使いこなす必要があります。溶接は角度が少しでもずれると商品にならない難しさがあり、加工機械は複雑な計算が必要で、メンテナンスやPCで加工データを作るなど覚えることも多いですね。多少は慣れてきましたが、まだまだ勉強の毎日です(笑)。だから、ベテランの先輩に「上手いね」と褒めてもらえるとお世辞でも嬉しくなります。

入社当初は、ベテランの人がいとも簡単に溶接しているのを見て、「出来るかも」と安易に思って実際にやってみると全く出来なくて落ち込みました。自分は向いてないのでは?と思ったこともありましたが、その時は、逃げたら負けだと自分に言い聞かせて余計な事は考えずに、「目の前にある事をやるのみ!」と思って頑張りました。そんな経験を乗り越えたからこそ、今の自分があると思っています。

色んな経験が出来たことで多様な知識が身につく

基本は三沢工場での業務なのですが、たまにメンテナンスのお手伝いや、出張で現場作業をすることもあります。入社間もない時は比較的簡単な業務に携わり、例えば配管に防食テープを貼る作業やドアクローザーの設置を行っていましたが、最近は何トンもある防護扉を現場で溶接しながら設置する仕事などをしています。現場によって、仕事のやり方も変わってくるので学ぶ事がとても多いです。
ものづくりに専念して早く1人前になりたいという思いもありますが、現場で作業する経験がものづくりに活かされることも多くあります。色んな経験を積むことで、出来る作業も増えましたし、多様な知識が身についたことは自分の力になると思っています。

大切にしていること

仕事をする上で大切にしていることは、やっぱりコミュニケーションです。円滑な人間関係を築くことで仕事は成り立って、そこが欠けるとどんな仕事も上手くいかないと思っています。普段の自分はあまりお喋りではないけど、職場では積極的に話しかけるようにしていますね。
技術の習得以外で成長したことは、整理整頓が出来るようになりました(笑)。元々苦手だったのですが、この仕事は段取りがとても大事で、日頃から道具を整理整頓することで、その時々で使う道具が分かるようになったりと成長を感じます。

ベテラン技術者の技を継承して継いでいきたい

今後は、溶接が正確に出来て綺麗な製品が作れるように、あらゆる技術を極めていきたいです。その為に必要な資格も取得していきたいですね。頼りになる先輩は「仕事が出来る人」だと思っているので、自分が先輩になった時に、後輩から相談されたことは何でも対応出来る人でありたいと思っています。
溶接は鍛錬が必要な仕事なので時間はかかるかも知れないですが、少しでもベテラン技術者の持っている技を継承して、更に後輩に継いでいけるように頑張って行きたいです。そして、デジタル化されてきている溶接技術にも積極的に取り組み、何でも作れる技術者になりたいですね。ものづくりを通してお客様に感動してもらえたら嬉しいです。

設備・メンテナンス業, 製造業(機械・電気・電⼦・素材・化学), 建築・土木業, 環境・エネルギー業六ヶ所エンジニアリング株式会社

これまでエネルギー産業におけるメンテナンス業務を中心に、公共工事や民間工事の施工業務、設計や機械加工業務など幅広い事業を展開してきた当社。お客様から多くの信頼を獲得する事で幅広い業務を依頼され、その中で培ってきた実績や技術力を活かしなら、当社ならではのワンストップサービスを実現してきました。様々な仕事に挑戦する柔軟な社風の元、今後も地域社会の発展に貢献していきます。