• 社員インタビュー

72歳、これからも体が続く限り頑張りたい

北海道で大工として勤務してきたという川端さん。大工の経験を生かし、12年間ノザワで働き続けてきたそうです。手に職、と言いますが、まさに若いころからこれまで、大工として身につけてきた技術を生かし、週3日、仕事に精を出されています。その手に川端さんの「働く男」の歴史が刻まれているようでした。優しい笑顔が印象的な川端さんのお話をご一読ください。

介護と仕事を両立させるために

地元はこちらですが、元々長く北海道で大工をしていました。介護をする必要があり、八戸に戻り、介護と仕事を両立さえるためにこの会社に入社しました。ハローワークでここの求人を見つけました。週20時間、1日8時間で1日置きに勤務。週3日位働くというのがちょうどいいなとね。忙しい時期はもう少し、仕事させてもらうこともありますよ。

大工としての経験を土台に

廃棄物として持ち込まれる色々なものを、手作業で道具も使いながら解体するというのが私の仕事。例えば、民家で使われていたような木枠の窓。木材と、ガラスが一体になっているでしょう。それぞれを工具使いながらばらし別々に分類する。そんな作業を繰り返しています。もともと私、大工だったのでね、工具の使い方には慣れていて、なので大体解体するものを見ると、どれをどうやって使おう、どこから作業しよう、というのが想像つきますから。工具は丸鋸、高速カッターとかね、そういったものを使います。なので人よりは早く作業が出来てるんじゃないかな。

大工だった時には、明日仕事があるだろうかと考えながら暮らしていたところがあって。今は、そういう心配もなく、無理しすぎることもなく働けていますよ。でもやっぱりね、夏は暑いし、冬は寒い。身体を使う仕事ですからね。

この仕事に向いている人

勤務時間は10時から15時。午前と午後に15分ずつ休憩があります。65歳の定年から2年延長してもらいそれまでは社員として、そのあとはアルバイトとして働いています。これからも力の続く限り、働きたいですね。これ、求人の原稿?あれ、新しい人入ってきたら私要らなくなるかな…(笑)。でも、辞めろと言われるまで頑張りますよ!
この仕事に向いている人ですか。そうですね。危険と隣り合わせなところもあるので、ある程度こういった現場の仕事を知っていて経験してきている人がいいかもしれません。あとは、言われたことをきちんとやれる人、かな。

仕事頑張ると、仕事終わりのお酒がうまいよね。私はもう、ビール一択なんですよ。働いて、おいしいお酒を飲む。こうやって暮らしていけたらいいよねこの先も。

設備・メンテナンス業, 建築・土木業, 不動産業, 環境・エネルギー業株式会社ノザワ

株式会社ノザワは、昭和51年に塗装工事を行う「野沢塗装」という個人事業主からスタートした会社です。 一般住宅や公共施設、店舗等の外壁や屋根、内装などの建築塗装に強みを持ち、これまで10,000件以上の塗装工事を行ってきました。他にも、一般廃棄物や産業廃棄物処理などを行うリサイクル事業、青森県の広大な土地を活かした太陽光や風力の発電事業、リフォームやリノベーションを中心とした建築・不動産事業、廃タイヤボイラーを活用した温浴事業など、現在では様々な事業を展開し多角化経営を行っています。 今、より一層求められている「循環型社会や持続可能社会」 ノザワは、いち早く着目し「再生」をキーワードに、様々な事業にチャレンジを続けてきました。可能性のありそうなモノには、果敢に挑戦することがノザワの良さであり、これまで40年以上に渡って受け継がれてきたVISIONでもあります。 また、単に「再生」するだけでなく、私たちが介在することで更なる付加価値を付け、生まれ変わらせる。ノザワが行う多様な事業の強みを活かすことでシナジーを生み出し、安定・成長企業として、今後も青森県や地元八戸に貢献を続けます。