教育

社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園

https://oozora-hoikuen.jp/

  • おいらせ町
  • 11〜 50人

地域に寄り添い続け40年以上。自然と人のあたたかみある保育園

おおぞら保育園は、1977年創設の歴史ある保育園です。
木をふんだんに使った内装、太陽光を使った暖房などの設備、旬と地産地消の食材にこだわった給食、木や瀬戸の食器などの備品…いたるところに自然のぬくもりとあたたかさが感じられる園舎が特長的です。
園の周りには、イオンモール下田や、商店、店舗、地元企業、東京本社の支社などがあり、そこで働く方のお子さん、おいらせ町で暮らすご家族から必要とされ続けている園です。
これまで多くの子どもたちの成長を見守ってきたおおぞら保育園ですが、設立当初の60名定員から現在の130名定員の規模となるまでに、常に時代や地域のニーズにあわせ変化・成長してきました。
今後も保護者の方が安心して仕事と子育てを両立させ、子供たちが健康で元気にすごせるよう、地域に密着した保育に取り組んでまいります。
インタビューを通じておおぞら保育園のことを知って頂き、もし良ければお気軽にお問い合わせ・ご応募ください。


社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園のインタビュー

社員インタビュー

子どもも、新人先生自身の成長も見守ってくれるおおぞら保育園

附田先生は、2016年入職、現在5年目です。園の先生の中では最年少でありながら、ぞう組(年中クラス)の主担任を勤めています。一見、寡黙そうに見える附田先生。しかし、インタビューをする中で子どもたちと良い関わりをするための努力を怠らない姿勢や、附田先生と遊ぶ楽しそうな子どもたちを見て、「保育士」という仕事に強いプロ意識を持っている姿に感銘を受けました。 そんな附田先生に、入職してから今までをお伺いしました!

社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園

附田 聖希(Toshiki Tsukuda)

  • 仕事

全てのインタビューを見る(全3件)


社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園の仕事について

職員みんなが自然に楽しくすごせるように

「無理なく、楽しく、思いやりを大事に働こう」という気持ちに共感して頂ける方、一緒に働きませんか。
幼保連携型認定こども園であるおおぞら保育園では、職員がゆたかな心で働けるよう、園長・副園長・職員同士の連携や意思疎通、助け合いを大切にしています。

これからも地域に根差した園であり続けるために、新しい世代の採用に積極的に取り組んでいます。
保育士歴が長いベテラン先生が在籍している今、職員みんなが新しく入る先生を無理なく育てていこうという気持ちがあります。


社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園のメンバー

もっと見る


社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園の会社情報

社会福祉法人木崎野福祉会 幼保連携型認定こども園おおぞら保育園

事業内容 0歳~6歳までの乳幼児への保育
代表者 袴田 恵子(はかまだ けいこ)
創立 1977年4月1日
所在地 〒039-2115
上北郡おいらせ町菜飯53-1
TEL 0178-56-4015
MAIL oozorahoikuen@yahoo.co.jp
URL https://oozora-hoikuen.jp/
ページトップへ戻る