建設・土工

有限会社福田組

https://www.fd-fukudagumi.com/

  • おいらせ町, 六ヶ所村
  • 11〜 50人

建設同業者からも「“福田組”なら安心だ」と言われるその所以は、チームワークからなる技術力

福田組は、とび・土工・機械設置工事業を基軸に、平成10年の創業から着実に実績を残し、社員数を増やしていっているおいらせ町に事業所を構える会社です。
福田組の特長は、同業も認める信頼関係とチームワーク、それに基づく経験と技術です。
全員、屋内でデスクに座りパソコンをたたいて一日を過ごすより、仕事も趣味も体を動かすことが好き!そんなパワー溢れ、人情味が厚い社員たちがいます。
社長の高校時代が、「勉強についていけないし働いた方がよっぽど良い!」という勢いだったほどで、社長も総務もベテラン職人の社員も、若い新人社員が「覚えるのが苦手。あと接客も苦手」「学校の勉強はきらいだった」「この仕事はやったこともない」「でも稼ぎたい」ということを言ったとしても「じゃあまずこの作業からだ」とまるで自分の子どもか下のきょうだいのように、優しく・危険が伴うときには厳しく接します。

良い意味で、田舎らしい、あたたかい・ほっこりした人間関係を求めている方には合うと思います。野球の社会人チームもあり、野球はやったことがない社員も、いつの間にか本気で応援していたり、自分もやってみたくなったり…不思議と自然に団結力が芽生えている、そんな会社です。


有限会社福田組のインタビュー

社員インタビュー

仕事も遊びも、没頭できる充実感を感じられる会社

27歳まで東京でバリバリ仕事をこなしていた吉田さん。 それまで、ブルーカラーのお仕事はまったく縁が無かったそう。コロナ禍をきっかけに、ひとつ人生の転機を迎え、福田組へ入社した吉田さんからは、すなおな気持ちで「今」を充実させて生きていらっしゃることが伝わってきました。 そんな初めてとび土工の世界に飛び込み、いまを輝く吉田さんに、入社してから今までのお話をお伺いしました!

有限会社福田組

吉田 冴希(Saeki Yoshida)

  • 仕事

全てのインタビューを見る(全3件)


有限会社福田組の仕事について

「とび・土工って、外での仕事がメインじゃないの?」 そう思っているあなたへ

とび・土工という仕事が具体的に何をするか、分かる人は少ないと思います。
何せ、人生で働いてみないと携わることもなく、見ることもない場所ですから、当然でしょう。実は、土木や土工は、それぞれの業務内容に基づき会社規模で役割が細かくあるのです。
福田組は、原子力発電所内で行う現場が多く、とび・土工の中でも「足場」と言って、作業現場に合わせ、実際に作業をするスタッフたちの作業スペースを考慮し、安全で安心かつ作業効率が高い足場をパイプなどを組み合わせて作ることと、ダクト(排気・給気を行う空調設備)を天井や壁に設置する工事をメインに行っています。屋内の作業が多いため、年間を通じて作業が天候に左右されることはほぼありません。
退職金制度や、労災保険、社用車での移動など、若い社員のご家族も安心な制度も充実しています。
これを機会に、このとび土工の世界に足を踏み入れてみませんか?大歓迎いたします。


有限会社福田組のメンバー

もっと見る


有限会社福田組の会社情報

有限会社福田組

事業内容 とび、土工、機械設置業務
代表者 福田 伸之(ふくだ のぶゆき)
創立 平成10年5月1日
所在地 〒039-2152
上北郡おいらせ町向山東二丁目503-7
TEL 0178-38-0079
MAIL fukudagumi3150@gmail.com
URL https://www.fd-fukudagumi.com/
ページトップへ戻る