• 社長インタビュー

~よりよい社会を次世代につないでいく~

製造業

株式会社Growth

株式会社Growth

須藤 勝利(Katsutoshi Sudo)

Growthに関わる全ての人にとって、スタッフ、お客さま、仕入れ先、物産展の主催者である百貨店、販売をお手伝いしてくれるマネキンさん、この地域の人々など、全ての人にとって弊社は良い事をしているのか?皆が幸せであるか?を常に追求し、経営をしています。

うちの会社のここがすごい!

わたしが胸を張って凄いと言えるところは「一緒に働いてくれるスタッフの皆さん」です。わたしは物産展でごぼう茶を売るため、全国各地を飛び回り、長期不在にする事が多いのですが、社長不在の場合でも、スタッフ全員が協力し合い1週間・1ヶ月の仕事の段取り・組み立てを自ら考えてやってくれます。
わたしが物産展でごぼう茶を売る事が出来るのも、事務所スタッフ・工場スタッフが社長不在でも会社をまわしてくれているからです。日々感謝の気持ちでいっぱいですので、その気持ちをスタッフにきちんと伝えるようにしていますし、売り場でお客様から頂いた嬉しい言葉や出来事も共有して、一緒に喜びを分かち合うようにしています。

私が大切にしていること

Growthに関わる全ての人にとって、スタッフ、お客さま、仕入れ先、物産展の主催者である百貨店、販売をお手伝いしてくれるマネキンさん、この地域の人々など、全ての人にとって弊社は良い事をしているのか?皆が幸せであるか?を常に追求し、経営をしています。より良い社会を次世代につないでいくため、必要とされ愛され続けるためにはどうしたら良いか、ブランディングを大切に、弊社も私自身もまだまだ成長過程にいると思っています。ありがたい事に、優れた経営者の先輩方は若手経営者の私に色々なアドバイスをくれます。それは、わたしに早く一人前の経営者として育って欲しいからだと思いますので、教わった事はすぐ行動に起こし実践する事も大切にしています。

やりがいに感じていること

やはり、スタッフや(物産展でお手伝いしてくれる)マネキンさんが、お客さまから褒めらるのが一番嬉しいですね。商品を発送する際に、お手紙を自筆で書いたりと、自ら工夫しておもてなしの接客をしてくれて、その結果お客様からお褒めの言葉を頂くと、本当に嬉しく思います。
わたしも接客時に、地元のパンフレットをお渡しして観光PRをし、自ら「観光大使」として青森の魅力を発信しているのですが(笑)、実際に弊社店舗がある三沢市に観光に来て下さって、その足でごぼう茶を、購入しに来て下さった時は感動しました。
また、青森のごぼうの価格が年々値崩れしなくなってきていて、東京市場でも、弊社が起業する前よりも2倍の価格で取引されています。それもあってか、地元の農家さんが自分たちの代で家業を閉める予定だったのが、後継ぎを迎えたという話を聞くと、弊社も少しは貢献できたのかなと嬉しくなります。あとは、売り上げの数字よりも、良い汗をかいて仕事をした時ですかね・・・。カッコつけすぎですか?(笑)

DSC_0023

こっそり教えて!自身の失敗談

最近の出来事ですが・・・百貨店の催事のイベントを1日勘違いしていた事がありました・・・(汗)元々、半年前にスケジュールが確定していたイベントだったのですが、その後、催事の日程が1日前倒しになっていた事に気づかず、設営日当日に先方とのやり取りでハッと気づかされ、慌てて飛行機に飛び乗り夜中の11時に到着しました。設営・商品陳列は、催事初日の朝6時から始め、なんとか無事間に合い、何事もなかったかのようにスタートしましたが、今でも苦い思い出です・・・

将来目指す姿

弊社もお陰さまで9年目を迎え、日々ごぼう茶を販売していく中で「働く女性の幸せを築くお手伝いが出来ているのでは!」と気づかされました。例えば、冷え性の女性が、家を出る前にごぼう茶を飲んでから出かけると、ぽかぽかして1日幸せに過ごせる。とか、仕事を終えて帰宅後、今日は疲れてご飯作りたくないなぁ。と思った時に、茶葉を浮かべてとりあえずごぼう茶を飲んでから考えよう。とほっと一息幸せな時間を過ごせる。など・・・私たちGrowthの行きつく先は「働く女性の心がいつも穏やかでイキイキと輝く人生を送れるような新サービスを提供する事」なのではないかと思います。母親が幸せだと子供も幸せ。。。子育てに余裕ができたり、家庭が温かくなる。。。ごぼう茶という商品を通じて見えてきた将来目指すべき道だと思っています。「よりよい社会を次世代につないでいくために」私たちGrowthの挑戦はこれからも続きます。

こんな人と一緒に働きたい!

今居るスタッフの皆は、誰一人欠けたらダメな存在です!!その上での話ですけど(笑)、自分の成長も相手の成長も信じれる人と一緒に仕事がしたいです。わたし自信、起業する前に出会った方々に私の成長を信じてもらったお陰で、Growthという会社を立ち上げ、今こうしてお仕事をさせて頂いています。成長の為にはどんどん失敗出来る人、でも決して挫折しない人、そういう人と一緒に働きたいです!