• 社員インタビュー

若手の成長が会社の成長に

ATOM Worksで、消防設備の保守・点検業務を担う木部さん。前職での経験を活かしながら、今の仕事に使命感を持ち向き合っています。約20年振りにUターンしてみて感じる青森の暮らしの良さ・難しさ、そして、入社のきっかけとなった社長との関わり等についてお聞きしました。

入社前の経歴と、入社のきっかけ

元々生まれは神奈川県横浜市。3歳の時にむつ市に来て、そのまま高校までむつ市で過ごしました。卒業した地元の工業高校が電気科だったこともあり、その後は東京に出て電気工事関連の仕事に就きました。その後大阪、神戸と住む地域を変えつつ、運送業の仕事や消防設備のメンテナンス等の仕事を経験してきました。
2018年頃に家庭の事情もあり、むつ市にUターンを決意。これまでの経歴で消防設備のメンテナンス業務が一番長かったこともあり、経験を生かせる仕事を探している中で、ATOM Worksを知り、応募に至りました。

社長自ら、東京に面接しに来てくれたことに驚きました

むつ市に戻る前に仕事を決めておきたかったので、まだ関東にいる間にATOM Worksの面接を受けることになりました。本来であれば、面接を受ける側の私が青森へ出向くべきなので、そうしようと思っていたのですが、当時、社長が自ら東京まで面接しに来てくれて…驚きました。
東京駅の近くで面接をしてもらったのですが、その時のことは鮮明に覚えています。当時私は44歳、社長が40歳。自分よりも若い経営者のもとで働くのは初めてでしたが、そのようなことは一切気になりませんでした。むしろ、社長が「会社を今後こうしていきたい」といったようなビジョンを誠実に語ってくださったことが印象に残り、その面接を通じてこの方の下で働きたいと思うようになりました。入社したあとも、社長も若いし社員も若く、活気がある会社で、面接のときに受けた印象とのギャップもありませんでした。

現在の仕事内容について

入社後は、消防設備や点検、書類提出、不具合の改修工事、ビル等の修繕工事の点検業務などを担当しています。会社としては創業から8年間は点検業務がメインだったそうですが、私が入社してから、点検+工事の受注にも対応できるようになりました。前職での経験を今の会社の新しい仕事に繋げることができ、やりがいを感じています。

また、当社では地元六ヶ所村のみならず、三沢市、東北町、野辺地町と周辺地域の消防施設の保守・点検業務を請け負っています。私達の日々の仕事が、地域の安心・安全な生活を守っていることを自覚しながら働いています。
1日の流れとしては、朝7:45に会社に集合し、その日回る現場へと移動します。1日1件~3件程度の現場を周り、点検内容を確認して、16時頃に事務所に戻り、書類作成等を行って1日の業務が終了、というのが大まかな流れです。

誰かの「安心・安全」な暮らしを守るという使命

「消防設備は沈黙の設備」と言われており、私達の仕事は社会の安全・安心を裏で支える仕事です。万が一の事態があってはならないですが、万が一の際に存在価値が試される仕事で、その時に不備があることは許されません。私達が日々点検している非常ベルは、火災等の際に人を逃がすための設備であり、消火栓は火を消すための装置。どちらも万が一の際に正常に機能して初めて人の命を守ることができます。

火災の数自体を私達の力で減らすことはできませんが、私達の力で火災になった際の被害を最小限に食い止めることは出来ます。この仕事をするまでは意識することもなく、日常の当たり前の風景となっている消火栓や非常ベルの存在でしたが、この仕事をしてから自分の仕事が人の命をつないでいるのだと強く意識しながら使命感をもって取り組んでいます。
ですから、この仕事に向いている人は、仕事に対して誠実な人だと思います。期日やルールを守ることは、この仕事の基本です。ルーズな人には向いていない仕事だと感じています。

約20年振りに戻り感じる青森の暮らしについて

青森に戻ってきたのは、約20年振りくらいでしょうか。住んでいたのも高校までだったので、自分で雪道の運転をするのは、初めの頃はかなり戸惑いもありました。社会人としての暮らしをほとんど首都圏や関西で過ごしていたので、戻ってきてからは人が話す言葉も、人付き合いも、雪かきなどの生活スタイルも大きく変わり戸惑いもありました。

地域柄、都内と違って車社会のため、「仕事終わりに軽く一杯飲みに」みたいなコミュニケーションは取りづらいですよね。社内の人と信頼関係を築いていくためには、仕事の付き合いだけでは足りないように感じてまして…そういう思いもあって「釣りサークル」を社内で作ったんです。
実は、陸奥湾は真鯛の聖地なんです。私の発信から社内で釣り好きな人たちを集めて陸奥湾に釣りをしに行く機会を作るようになりました。釣りをする中でプライベートな話ができ、後輩たちとの繋がりが出来るようになりました。プライベートでつながりが、仕事にもいい影響が生まれているように思います。こんな関係性を社内の人と築けるのも、この会社ならではの良さかもしれませんね。

若手を育てながら、会社に貢献していきたい

私の役割は、社長の下でこの会社を盛り上げていくことかなと思っています。社長は色々な想いを抱えながらも、仕事に対し、社員に対し誠実に向き合ってくれる人。言葉に力がある人で、尊敬しています。

会社としてはまだまだ若い社員が多いので、仕事を通じて成長してもらいたいです。社員たちが出来ることを増やしていきたいですし、一人一人の特徴を見極めながら、強みを伸ばしていきたいですね。一人ではできない仕事なので、みんなで力を合わせながら、青森の消防設備点検と言えばATOM Works!くらいに周囲に認めてもらえることを目指して、これからも日々取り組んで行きたいと思います。

製造業(機械・電気・電⼦・素材・化学), 設備・メンテナンス業, 環境・エネルギー業ATOM Works株式会社

私たちATOM Worksは、美しい地球と未来のために、技術と品質を追求し続け、人と地球に貢献していきます。