• 社員インタビュー

色んな会社を見て、まずは知ってもらいたい!

株式会社ソフテック 八戸事業所

大沢 利光(Oosawa Toshimitsu)

プレイングマネージャーとして活躍する大沢さんは、1994年に入社し、現在課長としてエンジニアとしての開発を行いながら、部下の育成やマネジメントなどを行っています。そんな大沢さんに、入社理由やメッセージなどをお聞きしました。

入社した理由

学生時代に電気関連の勉強をしてきた中で、制御に関する授業を受ける機会があり、そこでソフト開発に興味を持ち、将来的には八戸に戻りたいと考え、ソフテックへの入社を決めました。

仕事内容

部下の管理・育成や営業などがメインですが、自らコーディングや試験作業をして、現役エンジニアとして仕事をしています。他にも、ソフテックのホームページ管理や新卒採用イベント参加などいろいろな作業をしています。

学生の皆さんへ一言!

私は、就活シーズンになると合同説明会に参加しています。
ソフテックのような中小企業では、長く一緒に働いてほしいという思いも込めて新入社員を採用していると思います。
私も、合同説明会では、ソフテックのことを知ってもらい、納得したうえで入社試験を受けてほしいと考えて会社説明をしています。
学生の皆さんには、会社を調べ、多くの会社の話を聞き、疑問に思ったことは質問をして、自分が働きたいと思う会社に出会ってほしいと思います。

IT・通信・インターネット業株式会社ソフテック 八戸事業所

ソフテックは、1987年の創立より「組み込みソフト開発」「PLCソフトウェア開発」といった制御系システムの開発を主に行っております。 たとえば、高速道路のトンネルや高層ビルの防災設備、発電所の給排水監視システム、食品・飲料水の製造ラインの監視制御システムなど、高い技術力を武器に人々の安全と暮らしを支えるソフト開発をオーダーメイドで行っています。東京本社と同様に八戸事業所においても、システムの企画から運用まですべての工程に携わるのが特徴です。お客様から直接評価をいただく機会も多く、大きなやりがいを感じることができます。