• 社員インタビュー

働きやすい環境の中で、立ち上げメンバーとして日々の変化を楽しむ

2019年7月に新しく設立されたADKデジタルオペレーションズで1期生として働く林さんは、業界歴が長くこれまでもプロフェッショナル人材として、他社で活躍してきました。この業界で学んだ「変化を楽しむ!」事を座右の銘として、キャリアアップを目指すべくセカンドキャリアに挑戦し、マーケティングビジネスを楽しみながら充実した日々を送っています。そんな魅力溢れる林さんに、仕事に対する熱い想いと地域の魅力についてインタビューしてきました。

昔の仕事仲間とまさかの再会

前職で10年程、デジタル広告審査の仕事をしていた事もあり、ハローワークで当社の求人票を見た時「これだ!この仕事がしたい!」とすぐに思いました。求人票には「デジタル広告に携われる仕事。立ち上げスタッフ募集!どなたでも安心して働ける職場です。」と書いてあったので前職の経験が活かせるのでは?と思ったのと同時に、センター立ち上げのスターティングメンバーというところにも魅力を感じました。
私は、一から何かを作り上げPDCAサイクルを回し、改善していくのが好きだし得意としていました。「また同じ業界で働けるかも!」とワクワクしながら早速応募しようと思い、求人票の裏の連絡先と担当者を確認してみると・・・そこには以前一緒に働いていた仲間の名前がありました(笑)。新しい事業を立ち上げるという前向きな理由で以前の職場を退職した仲間と、まさかここでまた再会できるとは思ってもみなかったので、自然と笑いが込み上げてきたのを覚えています。

私たちのサポートでマーケターがよりマーケターらしく

前職は、広告審査をして配信する側で仕事をしていたので、広告代理店がクライアントでしたし、業界トップ3に入ると言われているADKの事ももちろん知っていました。今では私もそのADKグループの一員となり、ADKMS(ADKマーケティング・ソリューションズ)が受注するデジタル広告に関連するオペレーションを行なっていきます。前職とは逆の立場になって仕事をしていくので、どのような立ち位置でどのような景色が見えるのか、マーケティングビジネスに大変興味があるため、今から楽しみです。
私たちADKDO(ADKデジタルオペレーションズ)は、マーケターが本来のマーケティング業務に集中できるようにサポートし、働きやすい環境を提供する役割があると思っています。マーケターの皆さんがどれだけ無駄なく気持ち良い仕事ができるか?より良いアクションが起こせるか?は、私たちのオペレーションにかかっているので、全力でサポートしていきたいと思います。

地元八戸にいて最先端の仕事を扱う

現在私は、デジタル広告掲載後の運用状況や結果、今後のマーケティング活動の分析に使用するレポート作成業務を行なっています。期間を絞って集計し、配信されている広告の効果がどうだったのか?ここは効果が上がっていたが、この画像については効果が下がっていたので改善が必要です。というような内容のレポートを作成します。

「何やら難しそうな仕事だな~。」とイメージを持たれた方!大丈夫ですよ!安心して下さい。どのようなレポートを作成すれば良いかは、マーケターから具体的な指示が上がってくるので決して難しい事はありません。私もこの業務に関しては未経験でしたし、ブラインドタッチができるわけでもなくショートカットキーが使えるわけでもなかったので、入社当初は不安でした。でも求人票に記載してあった「どなたでも安心して働ける職場です。」は本当にその通りで、どこまでできるのかその人のレベルをきちんと見てくれ、それぞれのPCスキルに合わせて、先輩社員が一つひとつ確認しながら優しく丁寧に作業を教えてくれます。
高度な技術は全く必要ないので、PCの電源を入れる事ができて、インターネットの閲覧ができて、何となくExcel・Wordが使えれば、安心して働く事ができます。仕事に慣れてくるとショートカットキーが使えるようになるので、効率良く作業を進められ仕事が捗りますし、更に先輩のようなプロフェッショナルになると一度もマウスを握らずに作業ができるようになります(笑)。

未経験者でもチャレンジできる仕事ではありますが、仕事の内容自体は東京の一流の仕事を扱っているという自負があり、地元八戸にいて最先端の仕事に携われる機会はなかなか無いので貴重な経験ができると思います。普段私たちが何気なく見ているインターネット上のデジタル広告に関連するオペレーションを自分も担当しているのだと思うと、ワクワクしますしやりがいを感じますよね!

ワークライフバランス・メリハリを大切に

子育て世代のお母さんも活躍しており、お子さんの行事や急な体調不良でお休みしなくてはいけない時も安心して休む事ができます。現在、センター長(男性)が子育て真っ最中なので、仕事と子育てを両立している母親の良き理解者であり強い味方なのです!仕事の属人化はなるべく避け、お休みした人の案件を誰でも代わりに担当できるように組織内での仕組みづくりに力を入れているところなので、皆さん安心して来て頂ければと思います。

また、当社はオンオフを切り替え、メリハリをつけ集中して仕事ができる環境だと思います。気を緩め休む時はほっと一息ついて、休憩しながらコミュニケーションを取ったり、席に座ったままでご飯も食べられるしお菓子だって食べられます(笑)。社内に置き菓子サービスがあるので気軽にリフレッシュできますし、小腹が空いて誰かがモグモグしていると「いーね!私も~!」といった感じで連鎖していき、それもまたコミュニケーションを促すツールになっている気がします(笑)。

日々アップデートしながら変化を楽しむ

広告業界で仕事をする上で私がずっと大切にしてきた言葉は「変化を楽しむ!」です。広告業界は良くも悪くも変化の激しい業界です。以前ある方が「脱皮しない蛇は死ぬ。だからこそ蛇は、皮を脱いでどんどん新しくなりアップデートしていく。アップデートについていけないと淘汰されて死んでしまうので、変化を楽しみながら乗り越えられるようにならなければならない」と言っていて、その言葉を聞いた時は本当にその通りだなと思いました。

新しい事に挑戦するより惰性の方が楽だったりするのですが、幸いにも私は新しい事をやるのが好きなので、どうせやるなら苦しいと思ってやるより、楽しんでやれればと思っています。自分自身をアップデートしながら、会社も自分もより良くなっていけたら最高ですよね。
「変化を楽しむ!」を自分の座右の銘にしてからは何があっても辛いとか苦しいとか思う事はなくなりました。考え方一つで行動が変わるので、この考え方は後輩にも引き継ぎいでいきたいと思っています。

国内最大スケール!館花岸壁の朝市

八戸の魅力は沢山あるのですが、その中でも今私が一番お勧めするのは、館花岸壁の朝市です。しばらく行っていなかったのですが、TVで紹介されているのをきっかけに、久しぶりに早起きして行ってみる事にしました。
お店が増えてどんどん規模が大きくなっている事にビックリ!色んなお店が集まっていて、こんな物も売っているんだと新しい気づきがあったり、とても新鮮な気持ちで買い物をする事ができました。

休みの日に早起きして行くのは億劫だなぁと思っている皆さん!機会があったら是非一度足を運んでみて下さい!私も最初は「9時に終わるって?そもそも休日の9時って朝起きる時間だし~(汗)」みたいな感覚でしたが、行ってみると朝日を浴びるだけでもとても気持ち良いですよ。
ちなみに、八戸に出張で来た社員や知り合いの方は必ずお連れしています!どんなに遅くまで飲んでいても「6時にロビー待合せですよ~」って感じで連れていきます(笑)。そして、館鼻岸壁名物「行列ができる塩手羽」を必ずお勧めし、一緒に行列に並んで揚げたての塩手羽を食べています!食べ歩きをしながら、バラエティに富んだ店の数々を見て歩くのが、館花岸壁の朝市の楽しみ方だと思います。

IT・通信・インターネット業, マスコミ・広告・デザイン業株式会社ADKデジタルオペレーションズ

ADKDOのクライアントであるADKのマーケターは専門家人材の需要増により多忙になる事が予測されています。私たちがマーケターへのサポート力を高めていき、相手の立場に立った姿勢で関わる事で時間的、心理的負担が軽減されるはずです。 その結果として、最前線で仕事をするマーケターが活躍し、日本の企業の競争力や収益性強化を実現する事を目指します。