• 社員インタビュー

地元の基幹産業であり、伸びしろがある農業に関係する仕事をしたい!

卸売業、流通業

青森合同青果株式会社

青森合同青果株式会社

伊藤 雄悦(Yuetsu Ito )

当社は卸売業として、生産・販売・消費という異なった立場の人達との交流をする事ができ、より自分の見識を深め、青森県の農業に貢献できる会社です。

うちの会社のここがすごい!

市場ですので一年を通して早朝から社員の活気があふれています。品目ごとに担当が分かれていますが、繁忙期などはお互いの進捗状況を見て担当の枠を超えてチームワーク良く助け合いながら仕事をしています。また、皆それぞれ自分の担当品目のスペシャリストとして深い知識を持っているところです。

この会社を選んだ理由

青森県で育ってきた中で、地元の基幹産業であり伸びしろがある農業に関係する仕事をしたいと考えていました。その中でもこの会社は卸売業として、生産、販売、消費という異なった立場の人達との交流ができるので、より自分の見識を深め、青森県の農業に貢献できると考えたからです。

やりがいに感じていること

この仕事は信頼がとても大切な仕事だと思います。販売をする中で、一生懸命対応することで生産者の方など、お客様から信頼されていると感じる時が一番やりがいを感じます。また、スーパーや近所の八百屋などで、自分の販売した品目が陳列されているのを見た時にも喜びを感じます。

大変なこと・失敗談

いろんな立場の人の中での販売なので、利害が一致しないことがあり、それらをどのように折り合いをつけられるかが大変です。私はまだ経験が浅いので上司や同僚と相談しながら解決することを心がけています。また、この仕事は朝が早いのでその生活サイクルに慣れることです。まだ慣れない頃は朝寝坊しそうになったり、日中に眠くなったりということがありました。

職場の雰囲気

野菜部、果実部、また、その中の所属グループ毎でも雰囲気は多少違いますが、共通しているのは人付き合いが好きな人が多いという事です。そのため、市場と聞いて皆さんが思いがちな昔ながらの職人気質の堅くて厳しそうなイメージではなく、明るい職場となっています。近年ではせり人として女性社員も入社するようになり、より職場が明るくなってきました。

将来のビジョン・目標

今はまだ販売担当としての経験も知識も十分ではありませんが、日々少しでも多くの事を先輩やお客様から吸収して、いち早く一人前のせり人になりたいです。
今は特に産地と販売者から得た情報を、しっかりお互いへ伝ることを意識しています。
生産者と消費者の間で働いている私たちだからできる、青森の農業の発展と生鮮食料品の安定供給という分野で、なくてはならない存在になることを目標としています。

うちの会社の取り組み自慢

当社ではFacebookやtwitterで旬の野菜や果物、市場の様子や業界の情報などをほぼ毎日発信しています。一般の方々にはあまり馴染みのない卸売市場ですが、より皆様に身近に感じてもらえるようにSNSを活用して情報発信しています。また、社長のFacebookでは当社自慢の社員食堂のメニューも写真付きで見ることができます。

卸売業、流通業青森合同青果株式会社

卸売業者である当社は、日本国内や海外から集荷した多種多様な青果物を、青森市を中心とした開設区域に安定供給するという責務を負っています。同時に青森県の特産野菜と果実を日本国内や海外へ販売することで本県の基幹産業である農業を支えています。決して楽な仕事ではありませんが、社会に貢献し、地域のために働いているという自負を持てるやりがいのある仕事です。流通業は人と人を「繋ぐ」仕事。仕事を通して関係のできたすべての方々の幸せを願う会社であり続けたいと思っています。