2016/07/25


青森の暑い夏がやってくる!2016年青森の4大夏祭りの日程まとめ

青森の暑い夏がやってくる!2016年青森の4大夏祭りの日程まとめ
こんにちは!青森の仕事運営スタッフの門脇です。さあ!今年も青森に暑い夏がやってきます。この時期はオフィスの外から祭囃子が聞こえてきてソワソワしている方も多いのでは。青森の企業もスポンサーに入ったり、会社単位で山車を作ったりと地域の祭りを大切にしているところも多いですね。青森の暮らしに切っても切れない夏祭り。今回は代表的な「ねぶた」「ねぷた」「立佞武多」「三社大祭」の日程をご紹介。特にUIターンや移住を考えている方は必見です!


青森ねぶた祭り 2016

nebuta
「青森ねぶた祭り」は毎年動員数が300万人を超える青森を代表するビッグコンテンツ。20数台の大型ねぶたが出陣し、約3.1kmのコースを運行。正装衣装を着ていれば、誰でも「ハネト」として参加することが出来ます。私の生まれた年と同じ昭和55年に国の「重要無形民俗文化財」に指定されています。掛け声は「ラッセーララッセーラ」。

開催期間:2016年8月2日(火)~8月7日(日)

●8月2日(火)・8月3日(水)
<大型ねぶた・子供ねぶたの運行>
時間:19:10~21:00

●8月4日(木)・8月5日(金)・8月6日(土)
<大型ねぶたの運行>
時間:19:10~21:00

●8月7日(日)
<大型ねぶた・子供ねぶたの運行>
時間:13:00~15:00
<青森花火大会・ねぶた海上運行>
時間:19:15~21:00ころ

※8月1日(月)は青い海公園特設ステージで18時より前夜祭が行われます。




八戸三社大祭 2016

sansya
私の地元でもある八戸の一大夏祭り「八戸三社大祭」。およそ290年の歴史と伝統を誇るお祭りで、国指定重要無形文化財にも指定されています。いわゆる「ねぶた」とは違い、山車には絢爛豪華な人形が乗せられ、せりあがったり左右に展開する仕掛けもすごいんです。総勢27台の山車の運行はまるで絵巻物を見ているような奥ゆかしさがあります。掛け声は「ヨーイヨーイヨイサーヨイサーヨイサーノセー」。

開催期間:2016年7月31日(日)~8月4日(木)

●7月31日(日)
<前夜祭>
時間:18:00~21:00
●8月1日(月)
<お通り>
時間:15:00~19:00
●8月2日(火)
<中日>
時間:18:00~21:00
●8月3日(水)
<お還り>
時間:15:00~19:00
●8月4日(木)
<後夜祭>
時間:18:00~21:00





弘前ねぷた祭り 2016

hirosakineputa
鏡絵(前)の雄姿と、見送り(後)の幽玄さが対照的な「扇ねぷた」、伝統ある豪華絢爛な「組ねぷた」など大小約80台の「なぷた」が弘前城下町を練り歩く夏まつりです。また津軽錦をモチーフとする小さな「金魚ねぷた」を、子どもたちが手に持って歩く姿も情緒があります。もちろん国の重要無形民俗文化財。掛け声は「ヤーヤドー」。

開催期間:2016年8月1日(月)~8月7日(日)

●8月1日(月)~4日(木)
<土手町コース>
時間:19:00~
●8月5日(金)・6日(土)
<駅前コース>
時間:19:00~
●8月7日(日)
<なぬか日コース>
時間:10:00~




五所川原立佞武多 2016

tachinebuta
初めて見たら「なんてでかいんだ!」とその高さに驚くこと間違いなし!五所川原が誇る高層ねぷたが街を練り歩く「五所川原立佞武多」。大きいものだと高さ約23m、重さ約19トンもあるそうです。ちなみに五所川原出身の歌手・吉幾三氏が毎年山車を先導しながら代表曲「立佞武多」を歌う姿も恒例になっています。掛け声は「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」。

開催期間:2016年8月4日(木)~8月8日(月)

<立佞武多運行時間>
時間:19:00~21:00


この記事をシェアしよう

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加 LINEで送る