2016/02/23


これから始める人のためのEvernoteの3つの活用法

これから始める人のためのEvernoteの3つの活用法
こんにちは、青森の仕事ブログの木村です。

今回はビジネスパーソンの定番となりつつあるEvernoteに関する記事です。

Evernoteとはその名の通り、いくつでも足すことができ、永遠に愛用できるノートです。
と言っても、実際の使用感や、Evernoteが他のメモアプリと何が違うのか、ということは言葉だけでは伝わりづらいかもしれません。
私も、本格的に使い始めるまでダウンロードしてから半年ほど間が空きました。

皆さんの中にも名前は聞いたことがあるけどまだ手を出したことがない、ダウンロードはしたもののホーム画面にアイコンを置きっぱなしにしている、という方がいるのではないでしょうか?

今回はそんな方にオススメの私が普段使っているEvernoteの3つの活用法についてご紹介します。

目次

1. 紙のものはスキャンして保存

2. 「溜まる」、「忘れる」を無くすブックマーク活用

3. 旅行や就職・転職活動時に便利な使い方




1. 紙のものはスキャンして保存


86b70440d9ad42e4e49647d3d51cfaf8_s
Evernoteには画像の保存もできるので、紙のものはスキャンして保存してしまいましょう。

仕事で使った資料はもちろん、名刺や請求書などは取り込めるものはどんどん取り込んでいきます。
メモに使ったポストイットや、一通り読んでしまった雑誌のお気に入りの部分を保存してしまえば、実物を残しておく必要が無くなります。

これだけでもデスクの棚に置いているファイルを減らすことができます。

また、保存した画像にはタイトルやタグ付けができ、フリーワードで検索ができます。
これでファイルを探す時間の短縮ができます。

スキャナーを使うと、早く精彩に取り込めますが、個人で所有していない場合や、手元に無い時もあります。
そんな時はスキャンアプリを使いましょう。

unnamed
私はCamScannerという無料のアプリを使っています。(機能拡張した有料版もあります)
撮影すると、紙に対して水平に撮影した時のように自動で調節してくれます。
共有機能でEvernoteへの追加も楽だし、画像編集機能があるので、明るさなどが調節できます。
外出先ではアプリを使うなど、使い分けるのもいいでしょう。

スキャンするものは下記のようなものがオススメです。
・仕事で使った資料
・名刺
・請求書や領収書
・捨てたいけど捨てられないポストイット
・読んでしまった雑誌のとっておきたい部分


応用として会議後のホワイトボードを撮影して保存しておくという使い方もできます。


2. 「溜まる」、「忘れる」を無くすブックマーク術


80fc5381d1bd8157ed20170f2cf563e9_m
次に「どんどん溜まってしまう」「見つけたサイトを忘れてしまう」ということが無くなる、Evernoteを活用したブックマーク術をご紹介します。

ブックマークにはEvernote Webクリッパーがオススメです。

WebClipper_App_icon_1080x1080-232x232
"GoogleCrome"や"Firefox"にはEvernote Webクリッパーという拡張機能があり、これはいつでも現在開いているページをEvernoteに保存することができる機能です。
さらに、Evernote Webクリッパーでは保存する形を選ぶことができます。

webcliiperpng

保存する形は以下の5つから選べます。
・記事
・簡易版の記事
・ページ全体
・ブックマーク
・スクリーンショット

保存する形が選択できることで、利用目的にあった使い方ができます。

例えば役に立つ知識などは”記事”として保存、後で読もうと思っている場合はブックマークする、など後々の利用方法に合わせて変えておくことができます。
Evernoteは整理や検索も楽なので、あとから必要になった時もすぐに見つけることができます。

また、Webクリッパーにはもう一つ機能があります。
Google検索の検索結果にEvernoteに保存されている関連記事を表示してくれます。
この機能が便利な所は、ある問題を解決した時に役に立ったサイトをブックマークしたり自分でメモを残しておけば、再度同じ問題に直面した時、楽に解決することができるようになるところです。


3. 旅行や就職・転職活動時に便利な使い方


c1e41a61eee0bb739a926edc9979f871_s

最後に旅行や、転職活動時に便利な使い方を紹介します。

旅行に行く際には様々な情報が必要になります。
目的地までの交通経路に旅行先の地図、ホテルの予約メール、予算の計算表…などたくさんあります。
それらもすべてEvernoteに入れてしまいましょう。
これまでメール、メモ帳、ブラウザのブックマークなど、バラバラだった情報の場所を一つにするだけで時間短縮、記憶ミスの防止に役立ちます。
メモ帳のスケジュールを開いて、ホテルからのメールも開いて、バス会社のサイトの時刻表を開いてなど、旅行先でバタバタとすることもなくなります。

就職や転職活動時にはさらに、履歴書や企業情報などを保存しておくと、すぐに確認することもできます。面接の回答例を復習なども良いでしょう。

旅行が終わった後はひとつのノートにまとめてしまえば備忘録として残しておくことができ、次回の旅行の際に必要な物を一から確認する手間も省けます。



今回はEvernoteの使い方を3つご紹介させていただきました。
Evernoteは使えば使うほど、自分に馴染んでいくことが実感できるツールです。
ぜひ活用し、生活やビジネスにスマートに取り入れましょう。

evernote_logo_center_4c-sm
Evernote 公式サイト
Google play
Mac App Store

この記事をシェアしよう

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加 LINEで送る